廃車手続き(変更登録)

変更登録

結婚で姓が変わった場合や、転居により住所が変わったりした場合は車検証の変更登録・記載内容を変更する手続きが必要。

変更登録の方法

1. 必要。書類の準備
(1) 変更の事実を証する書面(個人の場合は住民票または戸籍謄本等、法人の場合は登記簿謄本等で発行後3ヶ月以内の有効なもの)
(2) 印鑑(本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名)
(3) 車庫証明(使用の本拠の場所を変更した場合に必要。、住所等を管轄する警察署より 証明を受けたもので発行後1ヶ月以内の有効なもの)
(4) 委任状(代理人による申請を行う場合は認印を押印、本人が直接申請するときには不要)

※ 使用者・所有者が異なる場合は、下記の書類が必要。。
(1) 所有者の印鑑(所有者本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名)
(2) 所有者の委任状(代理人による申請を行う場合は認印を押印、本人が直接申請する場合には不要)
(3) 自動車損害賠償責任保険(使用者が変わらないときは不要)
(4) 使用者の住所を証する書面(個人の場合は住民票または戸籍謄本等、法人の場合は登記簿謄本等で 発行後3ヶ月以内の有効なもの)
(5) 使用者の委任状(代理人による申請を行う場合は認印を押印、使用者本人が直 接申請するときには不要) (6)使用者の印鑑(使用者本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名) (7)使用者の車庫証明(使用の本拠の場所を変更した場合に必要。、住所等を管轄する警察署より証明を受 けたもので発行後1ヶ月以内の有効なもの)

2. 陸運支局事務所へ
書類の準備が出来たら陸運支局事務所へ行き、駐車場に付いたらプレートを外します。

3. 申請書類・印紙の購入
申請書、手数料納付書の印紙(自動車検査登録印紙)を購入し、必要。事項を記入。

4. プレートの返納
プレートの返納。返納の際に「手数料納付書」の「自動車登録番号票返納確認印」に確認印を押してもらい新しいプレートをもらいます。

5. 登録申請
窓口に必要。書類を提出。

6. 自動車税の支払い
陸運支局事務所内にある自動車税事務所で自動車税の支払いをします。

7. ナンバーの取付
ナンバーを取り付けたら、刻印を封印場所で封印してもらい、変更登録手続きは完了。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車手続きで損しないために. All rights reserved.

廃車手続き方法、自分の車を廃車引き取り業者に依頼する場合には、信頼できる廃車買取業者を選択することが重要です。

廃車手続き

愛車の売却・買取査定で20万円以上も査定額をUPさせる方法があることを知っていますか?

 廃車手続きTOP   >  関連語句  > 変更登録