廃車手続きQ&A

(1) 自動車のナンバーから所有者を調べたい

自動車のナンバーから所有者を調べたい場合、申請を行うと、車検証と同じ内容の証明書類が発行されます。

正式な名称は「登録事項等証明書」です。また自動車の履歴である新車当時から現在までについて調べることも可能です。この場合は「詳細登録証明書」の請求手続きとなります。なお、他人のプライバシーを侵害するような理由での請求は、受理してもらえません。

※ 手続きに必要な書類は、次のとおりです。

(1)車のナンバーを控えたメモ
(2) 身分証明書 運転免許証・保険証など
(3) 手数料 登録事項等証明書=申請手数料 、申請書類 
(4) 詳細登録証明書=申請手数料 
(5) 申請書類 
※ 自動車のナンバーの内容すべて(例:品川11あ1234)が分からないと手続き出来ません。また 個人情報保護の観点から、電話しても回答はしてもらえません。

車検証と同じ内容なので、所有者などの電話番号の記述はありません。また、所有者が住所の変更手続きを行っていない場合もあります。 身分証明書の提示があれば、どなたでも申請可能です。

この手続きに限り、近くの支局・事務所で手続き可能です。(例えば、北海道や沖縄のナンバーでも、東京で証明可能)詳細登録証明書は、履歴が複雑な自動車になるほど枚数が多くなり、手数料も高くなります。(例:名義を転々としている自動車など)

なお、行政の民事不介入の原則から、行政は民事トラブルに協力することは出来ません。 また「自動車の登録事項等証明書を取れないようにしてほしい」という場合でも、身分・理由を明らかにして申請された場合、それを登録事項等証明書を発行することを拒否することは出来ません。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車手続きで損しないために. All rights reserved.

廃車手続き方法、自分の車を廃車引き取り業者に依頼する場合には、信頼できる廃車買取業者を選択することが重要です。

廃車手続き

愛車の売却・買取査定で20万円以上も査定額をUPさせる方法があることを知っていますか?

 廃車手続きTOP > Q&A  > (1)