廃車手続きQ&A

(12) 車を廃車するにはどんな種類がありますか?

抹消手続には「一時抹消」「永久抹消」「輸出抹消」の3種類があります。通常は、再利用可能な一時抹消か解体してしまい2度と利用不可能な永久抹消のどちらかとなります。

■ 「一時抹消」は海外出張等で長期間車を使用しない場合に手続きします。

■「永久抹消」は、車を解体した場合に手続きします。

■「輸出抹消」は、車ごと海外へ輸出した場合に使用します。

「一時抹消」は例えば海外に出張して長期間車を使用しない場合や、ディーラー等で長期間車を在庫として保管する場合等に使用されます。一時抹消をすることで自動車税の支払いをとめることができます。

「永久抹消」はいわゆる解体破砕による廃車です。車を解体する場合に使用されます。自動車税・自賠責だけでなく、車検が残っていれば、その残存期間に応じて重量税も戻ってきます。

「輸出抹消」廃車買取・引き取り業者で海外へ輸出された場合。この場合、支払ったリサイクル料金が還付されます。リサイクル料金は車を解体した際に生じる廃棄物の処分費用に充てられるため、海外へ輸出した場合はその料金が不要となるためです。ただし、リサイクル料金の支払いがない分、重量税の還付もないので、 車検期間が多く残っている車の場合は、解体(永久抹消)した方が得になります。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車手続きで損しないために. All rights reserved.

廃車手続き方法、自分の車を廃車引き取り業者に依頼する場合には、信頼できる廃車買取業者を選択することが重要です。

廃車手続き

愛車の売却・買取査定で20万円以上も査定額をUPさせる方法があることを知っていますか?

 廃車手続きTOP > Q&A  > (12)