廃車手続きQ&A

(20) 登録時に支払う税金の詳細は

自動車を購入する場合には消費税・自動車取得税・自動車税・自動車重量税があります。尚、中古車を購入する場合には年数によったり、車検の有無によって変わります。

■ 消費税
車両本体や代行手数料(各種費用・登録代行費用・納車整備費用等)に発生する消費税です。

■ 自動車取得税
自動車取得税は、店舗で販売された価格ではありません。新車当時の価格(メーカー価格)と初年度登録からの年数によって金額が決められます。その金額は、自家用車の場合「車の取得価額(課税標準額)×税率5%」。軽自動車の場合「車の取得価額(課税標準額)×税率3%」と決まっています。しかし、初年度登録から4〜5年以上経過した車や取得金額が50万円以下の車に関しては、免税になります。

■ 自動車税
4月1日時点での車の所有者または使用者に課せられます。購入時に、その車の名義が購入者が登録する都道府の場合、移転登録(名義変更)時に新たに自動車税を支払う必要はありませんが、店舗に対し、自動車税の月割りを支払うのが一般的です。車の排気量によって金額が決まっています。

■ 自動車重量税
自動車重量税は、車の車両重量に応じて、税金が決められます。新車購入時や車検ごとに一括で支払います。中古車などで車検が残っている車を購入する場合は、支払う必要はありません。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車手続きで損しないために. All rights reserved.

廃車手続き方法、自分の車を廃車引き取り業者に依頼する場合には、信頼できる廃車買取業者を選択することが重要です。

廃車手続き

愛車の売却・買取査定で20万円以上も査定額をUPさせる方法があることを知っていますか?

 廃車手続きTOP > Q&A  > (20)